造園工事・ガーデニングのことなら信頼と実績の山口造園におまかせ下さい!富山県黒部市から庭づくりの情報をお届けします

ハナカイドウ(花海棠)

「海棠の眠りいまだ醒めず」。唐の玄宗皇帝が、楊貴妃を呼びに行かせたところ、お酒に酔って現れた姿を見て言った言葉です。
ハナカイドウは中国で最も美しい花とされ、花茎が長く垂れて咲くことから“垂糸海棠”と呼ばれ、美人をたとえるときに使われています。
一般的にカイドウは、花の美しいハナカイドウを指し、疑似種として実の大きなミカイドウがあります。
中国原産。北海道南部以南から九州・沖縄までの広い地域で植栽が可能です。
濃い紅色の蕾が、開きはじめるとほんのり淡いピンクに変わる姿は愛らしく、なるほど玄宗皇帝が美しい楊貴妃にたとえたのも頷けます。

 ハナカイドウ  

科名 バラ科の落葉小高木
樹高 3〜5m
花期 4月〜5月 

       

【植え方】

 4〜5月、枝いっぱいに薄紅色の花を垂れ下げるようにして咲くハナカイドウは、洋風・和風どちらの庭にも映える可憐な花木です。

春に花芽のたくさん付いた根巻き苗を購入する場合は、根鉢のしっかりした苗木を選ぶようにします。
根鉢よりやや大きめの植え穴を堀り、完熟堆肥や腐葉土をたっぷりとすき込み、腐食質に富んだ肥沃な土壌に植えます。
深植えは厳禁で、やや高めに植え付けるようにします。
根元がグラグラした状態では根が伸びだせないので、根付くまで支柱をします。

 

【剪定・整枝】

花芽は前年に延びた短い枝先に付くので、それを切らないように注意しながら、落葉後の1〜2月頃に、長い枝を30cmほど残して切りつめます。 

 

【肥料】

窒素分過多になると、徒長枝と葉ばかりが増え、ぜんぜん花芽が付かないので注意が必要です。
2月に寒肥として、株の周囲に数カ所穴を掘り、完熟堆肥+鶏糞+骨粉を混ぜ合わせた肥料をすき込み、上から土をかぶせます。
8月に燐酸とカリ分が多く、窒素分の少ない化成肥料を少々施します。

 

【病害虫】

ハナカイドウはカイガラムシ類が発生しやすく、カイガラムシが寄生すると樹勢は著しく衰えます。
寄生を防ぐ為には、冬期間に石灰硫黄合剤又はマシン油乳剤を散布し越冬虫を殺します。
また幼虫がふ化する5月頃は、スミチオン乳剤を散布します。

コンテンツ一覧

グリーンショップ情報 和-なごみ-の庭 TREE DOCTOR 日々是好日 施工の流れについて 資料請求・お問い合わせ