倉庫をリノベーションしたお客様との打合せ兼事務所に、お友達からスワッグの花束を頂きました。
草花や樹木を扱う会社にいて恥ずかしながらスワッグを知らず。それ何?と電話の友達に聞き返しました。

スワッグ(Swag)とはドイツ語で「壁飾り」という意味で、好きな植物の花材で作ったブーケを吊す、お洒落なインテリアとして、今とても流行っているとの事。
ドライフラワーになるものなら大丈夫みたいです。
その時の気分や季節の色で花材を選ぶと楽しめそうです。来年は私も大好きなミモザアカシアで作りたい。
P9270987

P9270989

(yukie)

事務所周辺の環境整備のひとつとして、可愛い小屋が建ちました。
どのように使う為の小屋かについては、いずれまたお知らせ入れます。
しかし‥少し木が植えてある程度なので、現在黄色い小屋がとっても目立ちます(笑)

05

さて。この小屋を建てて下さったのは長野県のmocoYAさんです。
作業をするための小屋を探していて問い合わせた事がご縁です。計3日間で完成しました。

何も無い場所に土台↓

01

↓ 1日であっという間に屋根や壁

02

03

04

↓ 翌日は、黄色の外壁と内装でほぼ完成

05

3日目の午前中に細かい仕上げが終わり完成です。
こんなに可愛い小屋をあっという間に組み立てたmocoYA社長の熊谷寿明さんに興味津々。
色々質問させてもらいました。

Q.黒部市は初めてですか?
A.初めてです。

Q.黒部市の印象は?
A.自分の住む飯田市は起伏があり、比べて黒部市は平らな感じがします。

Q.小屋を建てに、一番遠いところはどこへ?
A.東は千葉の南房総半島です。西は京都です。次は栃木の予定です。

Q.熊谷さんは建築会社さんですが、なぜ小屋を販売しようと思ったのですか?
A.最初は自分の子供が遊べるスペースをと思い、作りました。そのあと、たまたまラジオを聞いていて、長野県茅野市で「小屋フェス」というイベントがある事を知り、参加してみようかなと。
2015年7月25日から9日間に渡って遺跡周辺で開催され、沢山の方に自分の建てた小屋を見てもらい、色々な意見を聞き、それがきっかけとなりました。

・・・・・・・・・・・・
今、密かな小屋ブームだと思います。子供部屋はもちろんの事、教室、趣味の部屋、夢は大きく山に小屋。
mocoYAさんと出会った小屋ばかりを集めたサイトや、なんとネットショップではDIY小屋キットも売ってたりします。腕に自信のある方は楽しいだろうなぁと思います。
ご興味のある方は是非、お問い合わせ下さい↓↓↓

・・・・・・・・・・・・

mocoYA
有限会社マルス建築舎
長野県飯田市上郷飯沼51番地
代表取締役 熊谷寿明
tel 0265-56-5123
fax 0265-56-5133

mailto:mailinfo@marsu.co.jp

mokoya

(yukie)

気付けばお盆も終わり、後半待ち望んだ恵みの雨がやっとやっとやっと(笑)降ってくれたお陰で、水まきから解放されたことが何より嬉しかったYukieです。

更新してないわ~投稿入れなきゃね~と思いながら遅くなりましたが。
6月に受講したガーデンセラピーコーディネーター1級の合格通知が届いたのが7月。そのまま放置していて気付けばレポート提出期限が近づいています。あぁ題材を何にしようかとまだ思案中です。

さて、このガーデンセラピーコーディネーター制度とは、(一社)日本ガーデンセラピー協会実施の資格制度です。「はじめに」から抜粋すると、「ガーデンセラピーは五感を刺激することで脳を活性化させ、身体全体の健康を維持する療法です。(中略)。目的は健康寿命の推進です。」とあります。
たとえ寿命が長くても、病気でずっと寝たきりだったり、認知症だとしたら、それは果たして長寿といえるのか。
日本人の平均寿命と健康寿命の差は、2015年のデーターで女性9.6年、男性8.0年。
どうせ長生きするなら心身ともに健康が良いよね、という事で、健康寿命を延ばすために植物を通じて総合的にコーディネートしますという資格です。
自然が、緑が、庭がやっぱり大切!と思う濃密な内容で勉強になりました。さぁ!あとはレポート提出ですが・・・励みます。

ガーデンセラピー

(Yukie)

5月にパック入りの苔をブログに載せましたが(そのときの記事はこちら)またまたお土産で苔をもらったため、今回は鉢に植えた時の様子をご紹介します。

透明なパックに入ったハイ苔とオキナ苔。ちょっと衝撃的な見た目ですよね。

20180718_koke1

平たい鉢に土を入れ、苔を乗っけていきます。2種類とも詰めてみました。

20180718_koke2

苔の裏側はこんな感じ。根っこに見えるこの部分は、根ではなく石などにくっつくための役割を持っているそうです。

20180718_koke3

配置が終わったら、土で隙間を埋めてしっかりとくっつけます。

20180718_koke4

とても暑い日が続いていますが、調子は良さそうです。

20180718_koke5

ちなみに前回地面に植えた苔たちも、寒冷紗(日差しを和らげるネット)を使用して直接当たる光の量を調節していましたが、もう少し日陰の方が良さそうだったため鉢植えにしてお引っ越ししました。

20180602_05

植え替えの様子。平たい鉢に植え、木陰に避難。この時は色がくすみ、茶色がかっていました…。

20180602_06

日陰で休憩中…。

20180602_07

現在はこんな感じで大分元気を取り戻し、鮮やかな緑色に戻っています。

20180718_koke6

(さゆり)

数ヶ月前からブログでもお知らせしていた、弊社事務所の引っ越しが完了しました!

同敷地内で、ふるさと農道側(山側)に移動しました(^∇^)
以前よりも広い道路からお越しいただけるようになりました。お車はこちらの事務所前に停めていただけます。

20180718_office220180718_office3

オフィス内も、床や壁紙などを少し模様替えしました。

20180718_office7

ネムノキの仲間のエバーフレッシュを育てています。
気付くと、ふわふわっとした黄色の花をあちこちに咲かせてました。

20180718_office9

黄色の花はたんぽぽの綿毛のような見た目です。自然に散るまで放っておくとバラバラと大量に落ちてくるので、可哀想ですがこの状態でハサミでちょっきり。

20180718_office8

毎時、川のせせらぎと共にリアルにポッポーと鳴いています。笑

20180718_office1020180718_office11

現在、元々あった倉庫もちょこっと綺麗にしています。
身内に「僧ケ岳には合わない小屋だね・失笑」と言われ続けていた小さな倉庫ですが、イメチェンして8月中の完成を目指しております。

20180718_office4

20180718_office120180718_office520180718_office6

(さゆり)

1 / 1112345...10...最後 »

造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園 〒938-0049 富山県黒部市山田 597
TEL.0765-54-3698 FAX.0765-54-1201

[対応エリア]
富山県黒部市滑川市魚津市富山市
立山町上市町入善町朝日町
※対応エリア外のお客様も気軽にご相談ください。

COPYRIGHT © 造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園
ALL RIGHTS RESERVED.