事務所の移設に伴い、敷地内も色々と触らなければいけない箇所があり、そのうちの作業の一つとして、最近全く施工実績の無い姫川石を並べました。
L型擁壁では味気ないし、石の在庫処分も兼ねてどうかと提案をもらい施工です。
U字溝に添って12m、おおよそ10tの姫川石を使用しました。

20180411_01

形や大きさの違う石を組み合わせていく作業は見ていても大変。

20180411_02
さて実は。
最近、市内の石販売業者さんが廃業されたと聞きました。
今後自然石の工事依頼がきたら一体どこから調達すればいいの?と思い、ふとここから先を考える。

うちが施工したのは2年前の石碑建立に伴う工事が最後。
もしも私がこの先家を建てたと妄想して。やっぱり自然石の石積みはちょっと無理だなぁと思う。
何故ならフェンスと比べとても高価だし、何より生活スタイルの変化で、求める家の外観に合わないだろうし。
おじいちゃんやおばぁちゃんの代に造った石積みは、建て替えを検討している家族には、残そうか撤去しようか、撤去するには大きな沢山の石は処分に困る負の財産かもしれない。
それでもあえて。
全く需要が無いかといえば、個人宅にせよ、公共施設にせよ、日本国内のどこかで職人の技が生かされる場所は必ずあるはず。
今年新しく造園会社に入社し、そこからン十年後。さぁ自然石乱積工事の依頼が来ましたよ♪ しかし積める職人は退職し経験者はゼロ。石も近場から調達出来ないし、うぅぅんどうしましょうね?
という事の無いように。
造園業界も絶やしてはならぬ伝承の技が沢山あるように思うのです。

(yukie)

 

P4190113

20180430_oukaen3

本日は弊社スタッフが黒部市内の会社様所有の緑地にて芝刈り作業をしております。作業風景を写真でご紹介したいと思います。

20180430_oukaen2

芝刈り機が通った跡。すっきりと綺麗に切りそろえられます。芝は伸びすぎる前にお手入れするのが健康な状態を保つためのポイントだそう。

20180430_oukaen1

拡大するとこんな感じ。左が芝刈り前の状態で、右が後。刈り取られた草は機械の後ろに取り付けられたカゴに溜まっていく仕組みになっています。

20180430_oukaen4

20180430_oukaen5

カゴはこんな感じで伸びるので、いっぱいになったらダンプにざばっと空けます。これを繰り返して芝刈りをしています。

20180430_oukaen6

夏など芝がよく伸びる季節にはダンプ2台分ほどにもなるそうです。

 

以上、作業風景のご紹介でした!

(さゆり)

十数年前に配っていたきり、ずっと作っていなかったという山口造園のチラシ。

せっかくなので再開させたいと思い、4月のはじめに春用のフライヤーを作って配布していました。

 

オモテ

20180427_flier_f

ウラ

20180427_flier_b

可愛いイラストはLera Efremovaさんの素材集からお借りしています。ちなみに書体は游ゴシック体とAvenirの合成フォント。今回は優しい感じにしたかったので、紙はマットコートに刷っていただきました!

事務所にも販売店のグリーンショップにも少し置いているので、良かったらぜひぜひお手にとってください。

初夏に向けて新しいチラシも企画しています( ・∇・)またブログにアップします!

(さゆり)

 

20180324_drone

何週間か前(すでに不確か)にドローンで遊んでいたころにはなにもなかった場所に

 

P4190117

基礎が出来ました。

 

 

新しい建物でも建つのかな~~とワクワクしますが

 

 

なんと

 

 

20180411_04

これ(うちの事務所)が

 

P4190117

ここに移動するのです。

 

プレゼンテーション1

(こんな感じ)

 

 

 

最初その話聞いたときにどうやって????ってなったのですが、

事務所を吊って持って行くわけではなく、引きずってもっていくそうな・・・ 曳家 wiki link

未だに想像できないのですが、この事務所が移動するまであとちょっと。

 

楽しみです!

 

(大)

今日はすごい風ですね…(゚ω゚)

強風で脚立が倒れ、私の車のドアに激突…。深い傷を負いました(涙)

 

さて事務所の前では引き続き伐採作業が行われています。2月にもブログに載せた敷地内整頓の一環です。

20180411_04

写真中央の一番大きい木は、事務所を建てた当時に主人が植えたクスノキです。他に何本も植えたのですが、私はナゼかこの木に思い入れが強く。思うに、子供達と何度も一緒に観た「となりのトトロ」のトトロが住んでいた木がクスノキで。子供と会社の成長を見守っていてくれていると、なんとなぁく自分で勝手に決めていたからかもしれません。

なんとか残せないかと思っていたのですが、基礎の下まで根が入りこんでいて移植は難しいとの事で、切った丸太をいずれ木製品に加工する予定です。

クスノキは樟脳(しょうのう)の成分の元なんですよ。切り口から樟脳の香りがしました。今はまだ寂しく残念な気持ちですが、違う形で活躍してくれるのを楽しみにします。

20180411_03

赤松や椿、クロモジなど数本残します。

それではいずれまた。続報をご報告致します。

(今回はyukie)

 

造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園 〒938-0049 富山県黒部市山田 597
TEL.0765-54-3698 FAX.0765-54-1201

[対応エリア]
富山県黒部市滑川市魚津市富山市
立山町上市町入善町朝日町
※対応エリア外のお客様も気軽にご相談ください。

COPYRIGHT © 造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園
ALL RIGHTS RESERVED.