春の穏やかな日射しをあびて、あたりに放香を漂わせるライラックの花。ゴールデンウィーク頃、枝先に淡紫色の円錐花序をつけます。寒さに強いライラックは、別名「リラ」とも呼ばれ、涼しい気候を好むため、北海道で多く植えられています。
ヨーロッパ東南部原産で、日本には明治の中頃に渡来。淡紫色の他に、白色、桃色、濃紫色などの園芸品種があります。
シンボルツリーとして人気があり、香水や芳香剤の原料としても利用されています。
 
科名:モクセイ科の落葉低木
樹高:2~4m
花期:4~5月
 
 
 

[植え方]
長さ約1センチの筒形の先が4裂するライラックの花冠。4枚の花びらが一般的ですが、
まれに5枚あるものがあり、それを見つけると幸せになれるという言い伝えがあります。
幹が直立生なので、さほど枝が混まずに狭い場所にも植えられ、春に咲く花は良い放香を漂わせるため、
シンボルツリーとして人気の高い花木です。

寒さに強く暑さに弱い冷涼地向きの樹木なので、夏の強い西日が当たらない水はけの良い場所を選びます。
根鉢より大きめに掘った植え穴に、完熟堆肥や腐葉土をたっぷりとすき込み、やや高めに植え付けます。
また、植え付け後、日射しから根元を守り乾燥を防ぐ目的で、完熟堆肥等で根元を
マルチングしてあげるとよいでしょう。高めに植え付るので、支柱は必ず必要です。
幼苗のうちは鉢植えでも栽培可能ですが、根鉢より二回りほど大きめの鉢を選び、
2~3年に一度植え替えが必要になります。
※弊社販売店グリーンショップにて、現在ライラックの苗木(淡紫花、白花)を販売しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

[剪定・整枝]
放任して育てても自然に樹形が整いますが、開花枝を充実させ翌年の花房を大きくさせるために、
花が終わった直後に強剪定します。6~8月頃には翌年の花芽を形成しています。
夏に新梢を剪定すると花芽を切ることになるので避けます。
込み入った枝を間引く場合は、落葉後に枝元から切り落とします。

[肥料]
1~2月頃、寒肥として株の周囲に鶏糞を埋め込みます。

[病害虫]
5~7月頃、枝や幹がカイガラムシの寄生で真っ白になることがあります。樹勢は著しく衰えます。
殻に覆われると薬剤を散布しても全く効果が無いので、樹幹をブラシなどで擦り、
カイガラムシを剥ぎ落とします。なお幼虫孵化期には、スミチオン、スプラサイドなどの薬剤を散布します。

名前の通り、枝が3つに分かれるミツマタ。その1本の枝がまたまた3本に分岐します。富山県はちょうど今からが開花。
まだ新芽が展開していない前年枝の先端に、下向きに咲く可愛い半球状の花序を付けます。良い香りを放つ黄金色のミツマタは中国原産。アカバナミツマタは赤花の園芸品種です。
樹皮の繊維が丈夫なため、現在も和紙や紙幣の原料として広く利用されています。
 
科名:ジンチョウゲ科の落葉低木
樹高:1~2m
花期:3~4月
 
 
 
 
[植え方]
中国原産のミツマタ(三又)は、もともとは製紙用の原料として日本に渡来し、丈夫な樹皮は紙幣や
和紙の原料として使用されています。また、庭木としての鑑賞価値も高く、半球状に咲く花の美しさや芳香、
そして名前の由来通り、枝が3本に分かれるユニークさから、弊社販売店グリーンショップでも入荷後即完売
してしまう、人気の樹木です。黄花のミツマタを購入後、その魅力から翌年赤花を購入される方が多いのも
頷けます。花の内部が赤いアカバナミツマタは園芸種で、内部が黄金色のキバナミツマタが在来種です。
樹高1~2mとコンパクトサイズで、3本に分岐することにより、玉仕立てのような樹形に自然に整います。

一日中日が当たる水はけの良い場所に、根鉢よりやや大きめの植え穴を堀り、完熟堆肥又は腐葉土を
たっぷりとすき込み植え付けます。よほど風あたりの強い場所で無い限り、支柱は必要ありません。
また、鉢植えでも栽培可能ですが、なるべく大きめの鉢を選び、2年に一度植え替えが必要となります。

[剪定・整枝]
放任して育てても自然に樹形が整うため、剪定は必要ありません。
7~8月頃には花芽を形成しているので、夏の剪定は花芽を切ることになるので注意が必要です。
込み入った枝を間引く場合は、花後すぐに行うことが大切になります。

[肥料]
1~2月頃、寒肥として株の周囲に完熟堆肥+鶏糞を混合させたものをすき込みます。

[病害虫]
病害虫の発生はほとんど無く、かつ剪定の必要も無く、たいへん育てやすい樹木です。

落葉後すっかり寂しくなった庭に、ひときわ目立つ真っ赤な実。
晩秋から色づき始めたクロガネモチの実は、早春までの長い間、
私達の目を楽しませてくれます。
雌雄異株。本来、東北南部以南で栽培可能な常緑樹ですが、厳冬の北陸では新芽が開く直前に前年葉が全て落ちます。
 
科名 :モチノキ科の常緑高木
樹高 :10~20m
花期 :5~6月
実熟期:11~翌年2月
 
 
 
[植え方]
別名:フクラモチ、フクラシバとも呼ばれるクロガネモチは、同属のモチノキとともに、
庭の主木として古くから用いられている樹木です。その年に伸びた枝と葉柄が
黒みかがって見えることから、黒鉄黐の名が付きました。雌雄異株ですが、数キロ先の
雄株ともよく結実し、11月頃雌株は直径6mmほどの球形の実を赤熟させます。また、
クロガネモチは本来常緑樹なのですが、富山県では翌春新芽が動き出す直前、古葉を全て落とします。

樹高10~20mとたいへん大きく成長します。
日なた又は半日陰の単植できる広いスペースに、大きめの植え穴を堀ります。
湿度の高い土壌を好むので、完熟堆肥又は腐葉土をたっぷりとすき込み植え付けます。
根の活着を良くするために必ず支柱をします。

幼苗を購入した場合、しばらくは鉢植えでも栽培可能ですが、なるべく大きめの鉢を選び、
いずれは庭への移植が必要となります。
鉢植えから→庭へ、庭から→庭へ、クロガネモチを移植すると、移植後に葉を落とすことがあります。

[剪定・整枝]
自然の樹形を楽しむために、強い剪定はせず放任して育てます。
伸びすぎて樹形を乱す枝は、2~3月頃に枝元から切り落としますが、
冬期間に剪定をすると雌株の場合、花芽も切ることになります。

[肥料]
・冬と秋の年2回、実付きを良くするために、株の周囲に丸く溝を堀り、
鶏糞+骨粉を混合させたものを埋め込み、根の周りを完熟堆肥でマルチングします。

[病害虫]
クロガネモチは病害虫の発生が少ない樹木ですが、樹勢が衰えるとカイガラムシが大量に発生することがあります。孵化したばかりの幼虫は、スミチオン等の薬剤散布。
成虫になり殻を形成すると、薬剤は全く効果が無いので、樹幹をブラシでこすり剥ぎ落とします。

枝先から長く伸びた花穂が風に揺れ、言い知れぬ香りを放つブッドレア。直径1cmほどの小花が密生した円錐形の花序は、初夏から錦秋まで美しく咲き続けます。
中国原産。明治中期に渡来し、放香に誘われて蝶が集まることから、別名「バタフライブッシュ」とも呼ばれています。
自然の樹形を楽しむブッドレアは、イングリッシュガーデンに欠かせない人気の樹木です。
 
科名:フジウツギ科の落葉低木
樹高:1~2m
花期:7~10月
 
 
 
 
[植え方]
直径1cmの小さな花が集まり、長さ20cmほどの大きな房状の花を初夏から秋まで、次から次へと開花させる
ブッドレア。甘い香りを放つので、気付くと蝶が留まっています。
花色は淡紫色が一般的で、その他に白色・濃い紅紫色・ピンク色などの園芸品種があり、
イングリッシュガーデンのワンポイントに欠かせない樹木です。樹高は2m程度ですが、細かく分岐した枝先に
花芽を付けるので、なるべく単植とし自然の樹形を楽しみます。北海道を除く地域で栽培可能です。

日当たりの良い肥沃な土地で、且つ単植できるやや広めのスペースに、大きめの植え穴を堀ります。
その植え穴に、完熟堆肥又は腐葉土をたっぷりとすき込みます。
根が粗いので、ポット苗の場合はなるべく根鉢を崩さないように、注意して植え付けます。
よほど風当たりが強い場合を除き、支柱は必要ありません。

鉢植えでも栽培可能ですが、生育が非常に早く、小さな鉢では水切れによる水枯れを起こしやすいので、
大きめの鉢を選びましょう。初夏から秋にかけての生育期間中、朝夕2回の水やりが必要です。
庭植えの場合も、植栽後しばらくは灌水を行い、夏は1日1回たっぷりと水を与えます。

[剪定・整枝]
自然の樹形を楽しむためにも、あまり剪定はせず放任して育てます。
ただし、大きく伸びて邪魔になった枝を強く切り詰めたい場合は、3月上旬頃に行います。
冬期間の剪定は、花芽も切ることになるので、注意が必要です。
また、開花中は花がらを早めに摘み取るようにすると、株の消耗を防ぎ次々と綺麗な花を咲かせてくれます。

[肥料]
・寒肥として落葉後、株の周囲に丸く溝を堀り、完熟堆肥と鶏糞を混合させたものを埋め込みます。
・6月、根元に化成肥料を適量ばら蒔きます。

[病害虫]
春から秋にかけて、カミキリムシの幼虫であるテッポウムシが、幹から侵入することがあります。
テッポウムシが樹幹内に侵入すると、株のまわりにの土に幼虫の糞が排出され、小さなおがくずの山のように見えます。成虫のカミキリムシを見つけたら捕殺。幹に産んだ卵を見つけたらつぶし、小さな穴と虫糞を見つけた場合は、ダイアジノンを適量注入して中の幼虫を殺します。

連日猛暑のなか、次々と花を咲かせる夏バテ知らずのムクゲ。
開花する花木が少ない夏、色鮮やかに庭を演出します。
中国原産。夏の暑さにも冬の寒さにも強く、丈夫で育てやすい
ムクゲは、韓国の国花にもなっています。
(写真は祇園小町)
 
科名:アオイ科の落葉低木
樹高:2~4m
花期:7~10月
(写真は宗旦)
 
 

[植え方]
遠くからでもムクゲと分かる特徴のある花は、残念ながら1日でしぼんでしまいますが、夏から秋の長い間、
次から次へと開花します。1日花であるにもかかわらず、途切れることなく咲き続けられるのは、
春から夏にかけて伸びる枝の節ごとに、花芽を形成させるからです。初夏から出回る小さめのポット苗でも、
上手に育てるとその年から花を楽しむことが出来ます。一重咲き・半八重・八重咲きなど数多くの園芸品種が
あるので、好きな花を選んで購入されることをお勧めします。

日当たりと風通しが良く、且つやや広めのスペースが取れる場所に、大きめの植え穴を堀ります。
土質はあまり選びませんが、完熟堆肥又は腐葉土をすき込み、根鉢を崩さないようにして植え付けます。
支柱は特に必要ありません。

鉢植えでも栽培可能ですが、生育が早く根詰まりを起こしやすいので、鉢で育てる場合は、
2回りほど大きい鉢を選びます。また生育期間中、うっかり水やりを忘れ水切れを起こすと、
花芽の形成に影響することはもちろん、樹勢が衰えアブラムシなどの害虫が発生しやすくなります。
特に鉢植えは、夏の開花中も注意が必要です。庭植えの場合も、植栽後しばらくは灌水を行い、
夏は表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。

[剪定・整枝]
ムクゲは強く切り詰めても、たいへん丈夫な花木です。
切ったどの枝からも萌芽し、そして、その年伸びた枝に花芽を形成するので、落葉後(12~3月)剪定しても花芽を失うことはありません。毎年、伸びた枝を3節ほど残し、コンパクトに仕立てるよう剪定し、樹形を保つことが大切です。
そのまま放任して育てていると、すぐに大株に成長し、庭のなかで必要以上に場所を取ってしまいます。
大きくなった株は、思い切って太い枝を切り詰めましょう。

[肥料]
・7月と9月の各1回、緩行性の化成肥料を適量、株元にばらまきます。
・寒肥として落葉後、樹冠に添って数カ所穴を堀り、油粕を埋め込みます。

[病害虫]
植え込み後に水切れを起こすと、アブラムシが発生することがあります。
花芽に付いたアブラムシは分かりやすいので、見つけ次第、薬剤散布をしましょう。

造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園 〒938-0049 富山県黒部市山田 597
TEL.0765-54-3698 FAX.0765-54-1201

[対応エリア]
富山県黒部市滑川市魚津市富山市
立山町上市町入善町朝日町
※対応エリア外のお客様も気軽にご相談ください。

COPYRIGHT © 造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園
ALL RIGHTS RESERVED.