「難を転ずる」に通じることから、縁起の良い木として正月飾りやお祝い事などに用いられているナンテン。
誕生祝いなどの記念樹にぴったりの樹木です。
本州中部以西、四国、九州に分布し、梅雨頃に茎の先に付ける円錐花序の白い花は、11~12月頃赤く熟します。
たわわに実った真紅のナンテンは、殺風景になりがちな冬の庭に赤いアクセントをつけます。
のど飴などでよく知られている実は咳止めの効能があり、また葉はうがい薬や入浴剤として利用されています。
 
科名 :メギ科の常緑低木
樹高 :1~3m
花期 :5~6月
実熟期:12~1月
(写真はシロミナンテン)
 
 
[植え方]
比較的病害虫の発生が少なく育てやすい樹種です。
日陰や半日陰でも育つため陰樹として扱われていますが、たくさんの実を付けさせるには、
西日の当たらない日なたに植える事が大切です。ひどく乾燥する場所は避けて、
植え穴に完熟堆肥や腐葉土たっぷりとすき込み、腐食質に富んだ土壌に植えます。
一本の幹が細い株立ちのナンテンは、数株まとめて植えたほうが、結実が良くなります。
支柱は不要。鉢植え栽培も可能です。

[整枝・剪定]
放任すると3m位まで成長しますが、庭木としては2mほどまでが適当な高さです。
伸びすぎた古い枝や細い枝は、夏に付け根から切り落とし剪定します。また、実をつけた枝は
翌年開花しないので、お正月前の生け花用に利用する際、低く切りつめると良いでしょう。

[肥料]
窒素過多になると実つきが悪くなります。2月に根元の周囲に溝を掘り、
完熟堆肥と鶏糞を混ぜ合わせたものを埋め込み、8月下旬に過リン酸石灰を施します。

[品種]
ナンテンは常緑樹ですが、冬から早春にかけて葉が赤くなる傾向があります。
果実が黄白色で葉は緑色のままのシロミナンテン、葉が小さく楕円形で花材として人気の高いシナナンテン、
紅葉の美しいオタフクナンテン、細い糸状の葉が特徴のキンシナンテン、果実が淡い紫色のフジナンテン、
橙色に熟すウルミナンテンなど、多くの園芸品種があります。

[殖やし方]
挿し木または実生で殖やせます。
挿し木は、3月中旬~下旬に、前年の生枝かそれより古い枝を15cm程度に切り、鹿沼土(小粒)に
半分ほど挿します。約3カ月で発根が確認できます。実生は、果肉を取り除いた種子を乾かさないように
注意して冷蔵庫に保管し、3月下旬頃蒔きます。発芽から開花まで5年ほどかかります。

新緑の美しい野山に、白く可憐な花を枝一面に咲かせるエゴノキは、日本全国に分布する
樹高7~8mの落葉小高木です。白くかたい材は割れにくいので、お椀や将棋の駒などのろくろ細工や、
こけしなどに利用されています。また、秋に鈴なりに垂れ下がる果実の果皮は、エゴサポニンが多く含まれ、
昔は洗濯石けんの代わりに用いたことから“セッケンノキ”と呼ぶ地方もあります。
果実がとても苦く渋く、エグイ(エゴイ)ことから、エゴの木という名前が付きました。
 
科名 :エゴノキ科の落葉小高木
樹高 :7~8m
花期 :5~6月
実熟期:8~9月

 
 
[植え方]
もともと雑木林に自生するエゴノキは、樹勢があり育てやすい樹木です。
1本の幹の直径は10~15cmとあまり太くならず、根元から数本の幹が出る株立ちの樹形が多く、
日なたや半日陰のような場所に植えるとよく育ちます。根鉢より大きめの植え穴を堀り、
完熟堆肥や腐葉土たっぷりとすき込み、腐食質に富んだ肥沃な土壌に、やや高めに植えます。
八ツ掛けまたは二脚鳥居支柱をして下さい。

[整枝・剪定]
樹形は自然に整うのであまり必要ではありませんが、込みすぎた場合は、細かい枝や徒長した枝を
付け根から切り落とします。剪定の時期は、落葉後新芽が出る前までが適期です。
エゴの花は、その年に伸びた新しい側枝の先に付きます。2月頃の剪定でも花を眺めることが出来ます。

2月・9月の年2回。
2月は寒肥として鶏糞を施します。9月は油粕と骨粉を株のまわりに穴を掘り施します。

東北以南の本州・四国・九州・沖縄に分布しているヤマボウシは、初夏に白い花を咲かせ、秋は実と紅葉を楽しむことが出来る、和風・洋風どちらの庭の景にも合う樹木です。
花びらのように見えるのは、4枚の大きな総包で、その中心の25~30個集まった緑色の部分が花です。
この球形の集合果が、秋には直径1~1.5cmに赤く熟し、甘く美味しい果実となります。
総包の白色が基本種で、このほか、淡紅色のベニバナヤマボウシや、淡黄色のキバナヤマボウシ、矮性白花のミルキーウェイなどがあります。耐寒性に強く、半日陰のような場所でもよく育ちます。
 
科名 :ミズキ科の落葉広葉中高木
樹高 :5~10m
花期 :5~6月
実熟期:9~10月
 
 
 
[植え方]
強い西日の当たる場所は避け、半日陰または日なたに植えるとよく育ちます。
春または秋に購入した、根巻き苗やポット苗を根鉢よりやや大きめの植え穴を堀り、完熟堆肥や腐葉土たっぷりとすき込み、腐食質に富んだ肥沃な土壌に植えます。深植えは厳禁。支柱は必ず必要です。
根元がグラグラした状態では根が伸びだせないので、八ツ掛けまたは二脚鳥居支柱をして下さい。

[整枝・剪定]
樹形は自然に整うので必要ありませんが、込みすぎた場合は、不要な枝を付け根から切り落とします。
剪定の時期は、落葉後新芽が出る前までが適期です。
強剪定は避け、自然の樹形で育てた方が、花つきが良くなります。

[肥料]
2月頃、株のまわりに化成肥料を少量施します。

 

知ってお得!なヤマボウシ酒を作ろう♪

「え~!ヤマボウシの実って、食べれるの?」
初めて知った方はみなさん驚かれますが、そうです!ヤマボウシの実は食べられます。
富山はちょうど果実が色づき始めた頃。生でももちろん食べられますが、お勧めは果実酒です。

作り方はとても簡単です。
・ヤマボウシの果実 500g~1kg
・氷砂糖 200g
・ホワイトリカー 1.8リットル

赤く色づいた実1kgをきれいに水洗いし、ザルなどにあけて水気をきちんと切ります。
果実酒用の瓶に、氷砂糖200g、ホワイトリカー1.8リットル、ヤマボウシの果実を入れて完成です。
冷暗所で保管し、3ヶ月後位から飲むことができます。
実は1年経ったら取り出して下さい。

滋養強壮の効能があるヤマボウシ酒。今年豊作な方は、ぜひ挑戦してみて下さい。

子供の頃、夢中になって拾い集めたドングリは、落ち葉の中から新たな生命を芽吹かせ、森に豊かな自然を育みます。また、野生動物の冬越しに欠かせない大切な食料にもなります。ブナ科の樹木は、落葉または常緑の高木で、日本全土の森林に分布し、世界では十数属約600種。代表的な落葉高木は、ブナ、ミズナラ、コナラ、クヌギ、カシワ、クリ。常緑高木は、アラカシ、シラカシ、ウラジロガシ、ウバメガシ、スダジイ、マテバシイなど。柏は葉で柏餅を包み、栗はゆでて実を食べるので知名度がありますが、スダジイやマテバシイの実は生食できるし、ブナの実は乾かしてから炒ると食べられます。
 
科名 :上記写真のコナラは、ブナ科の落葉高木。
樹高 :15~20m
花期 :4~5月
実熟期:11月
左からウバメガシ・シラカシ・アラカシ・ブナ・カシワの葉。

[植え方]
春または秋に購入した、根巻き苗やポット苗を日なたに植えます。
大きめ植え穴に完熟堆肥をたっぷりとすきこみ、保水力のある土壌を作ります。もともと山の樹木なので
成長が早く、また広がる枝張りも考慮し、周りの樹木と間隔を取る必要があります。
1m前後苗木を植える場合の支柱は添柱型(1本型)、中高木を植える場合は、
八ツ掛けまたは二脚鳥居支柱をします。

[殖やし方]
実生によって殖やします。
秋に落果している実を拾い、種子に虫食い等の穴が空いていないか確認します。
分からない場合は、半日位水に浸してみます。浮いているものは発芽しません。水に浸けて
沈んだ種子は乾燥させずに、すぐに鉢や庭に浅くまきます。種子の天地が判りにくいこともあるので、
種子は必ず横にします。また、深植えは厳禁です。鉢植えの苗は2~3年に一度、植え替えが必要です。

[整枝・剪定]
強剪定は避け、込みあった枝を整枝する程度とし、自然の樹形を損なわないようにします。
剪定する際は枝の途中で切らず、必ず枝のつけ根から切り落とします。

[肥料]
特に必要ありませんが、2~3月と9月頃の年2回、
根元に油粕と完熟堆肥を混ぜ合わせたものを施すと良いでしょう。

[ドングリいろいろ]
秋に向け成長中のどんぐり。
今年は不作の年で、探すのが大変でした。

知ってお得!なブナやクヌギの枯れ葉が、いつまでも枝にくっついているワケ

ブナやクヌギやカシワは落葉高木ですが、冬になっても枯れた葉を枝に付けたままで、
早春まで落葉しません。木が枯れているのでは?と心配になりますが、よく見ると枯れた葉の間に
小さな新芽が付いているのが判ります。

このように、葉がいつまでも落ちないのは、ブナやクヌギの木の「離層」という、葉を落とすための
組織が未発達だからと考えられています。離層は落葉の前に葉柄と枝の間に出来る組織で、
落葉は加水分解酵素が働いて、離層細胞壁が分解されることで起こります。

しかし、なかなか離層が形成されないブナやクヌギは、早春新芽が膨らみ始める直前にやっと離層が完成し落葉するため、いつまでも枯れ葉を枝にくっつけているというワケです。

その名の通り黒く熟した実がケーキの上に1粒置いてあるだけで、ついつい注文してしまうブラックベリーは、ラズベリーと同じく木イチゴの仲間で、春に淡いピンクの花を咲かせます。
北陸地方では、落葉のみならず冬の間に地上部の枝が根元から枯れてしまう為、コンテナ栽培の下草に利用したり、フェンスや垣根に枝を添わせるように植え付けるとお洒落です。耐暑性・耐寒性に優れ、病害虫の発生も少ないブラックベリーは、生でそのまま食べたり、ケーキやジャム作りなどに利用できる、初心者でも気軽に栽培可能な家庭果樹です。
 
科名 :バラ科の落葉つる性低木
樹高 :50cm~1.5m
花期 :4月
実熟期:7~8月
 
 
 
[植え方]
根鉢よりやや大きめの植え穴を堀り、完熟腐葉土をたっぷり入れて、土とよく混ぜ合わせてから植えます。
植えた後は、敷きワラや堆肥などを根元にマルチングし、土壌内の水分の乾燥を防ぎます。
苗木の支柱は必要ありません。フェンスや竹垣に植える場合は、春に伸びた新しい枝を添わせるようにして育てます。樹高1m前後の落葉つる性低木ですが、実際には、絡みつくほどのツルは伸びないので、添わせる場合は誘引が必要です。

[整枝・剪定]
剪定は必要ありません。 北陸地方では、冬期間に根元から上部の枝がほぼ枯れてしまう為、
落葉後から春に新しい枝が出るまでの間に、枯れた古い枝を付け根部分から切り取っておきます。

[肥料]
施肥の時期は、2月・6月・9月の年3回。
2月は、葉や茎の生育促進肥料として窒素を多く含んだ鶏糞を施します。
6月と9月は追肥とお礼肥として、同じく窒素を含んだ油粕と、花や実を充実させる肥料として
リン酸を多く含んだ骨粉を根元に適量施します。

造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園 〒938-0049 富山県黒部市山田 597
TEL.0765-54-3698 FAX.0765-54-1201

[対応エリア]
富山県黒部市滑川市魚津市富山市
立山町上市町入善町朝日町
※対応エリア外のお客様も気軽にご相談ください。

COPYRIGHT © 造園工事・外構工事 富山・黒部 山口造園
ALL RIGHTS RESERVED.